Haulの働かない日常。

無能は人生イージーモードに過ごしたい。

【パワハラ】前職コロナ真っただ中に失業した理由を話します。

はいどうもHaulです。

 

大分久しぶりなんですがただいまですね初めての就職した後初めての土日ということで結構色々忙しいですね。寮に入るってことで荷物とかはもう終わったんですが、これから実家を行き来するために何がいいかな思いながらそのバイクとか自転車とかあの買おうかなと思っていても色々考えたと色々やってますね。

 

note.com

※鼻息うるさいので注意

 

さて今回はパワハラについてって事をお話ししたいと思います。ですねあの私はもうそろそろ時効かなということでこの話をするんですが前職で会社を辞めたっていうその理由が Sパワハラを受けて色々な遠隔地に飛ばされたり出張させられたりとかっていうことが非常に多くなりましてそれでやめたんです。

 

中にはですね私の私よりもずっと歴の長い方でもパワハラにあってしまってあの同じ人なんですけどやめてしまうっていうか、裁判沙汰にもなったって話でそういう会社だったんです。結論ですね、今回そのパワハラで学んだ事っていうのは

 

人に無理して気に入られる必要がないっていうことを学びました。

 

でこれはどういうことかって言うと私はですねその面接を受けた時にその会社の面接を受けた時に3人の面接官がいたんですね。最終面接の時に2人は非常に是非来てくださいっていうような評価は後から聞いたらまそういう評価を下したらしいですね。

 

またですねもう一人、この方はですねおそらく大企業から部長職みたいな感じで管理職でいきなり入ってきたって言うかただったんですけどその方ですね正直私の評価は低かったっていうのが現実でした。ですね私は結構その忖度と言うかすごいあの上司とかに対して綺麗な言葉とかあのよいしょよいしょじゃないですけど、そういうことができなかったタイプだったので・・・

 

この部長職で入ってきたその方の評価は正直良くなかったですね。その方が結論としてはパワハラをしてきて最終的にはそれでやめることになってしまったのですが、えーこれも入った時点でも面接で気に入られてなかった。

 

それに対して私は結構その八方美人と言うかやっぱり嫌われるのは嫌だからあのごまをすると思ったりとかもしたんですけど、色々やった結果がですね何度も言うようですが気に入られる必要ないと、あのどちらかというとですね。最初の数回の会話ぐらいでなんかこの人雰囲気が合う合わないとかは分かるじゃないすか。

 

まあ例えばその陰キャ陽キャとか言っていますけど、何んだかんだ陰キャ陽キャのこと結構苦手だったりとかするじゃないですか。まあそういうような感じであのパッとね、合う合わないってやはりあるんですね。

 

その時に合う人とやはりその関係性を作っていく。

 

逆に言うとですね。

 

合わない人っていうのは無理に合わせる必要がないということを今回その時学びました。

 

じゃあどうするのかっていうと結局合わない人っていうのは、もうある程度最低限の関わりだけを維持して後はですねも仕事以外ではバッサリと切ると言うかなんかそのそれ以外の関係で何かを築こうとかする必要はなくて・・・必要最低限のことだけをやっていればいいっていう感じですね。

 

そういうと合わない人に無理矢理会わせるようなことをするよりも、会う人とかそういう仲間とかをどんどん作って自分の周りを強化していく方の方が大事です。組織の中では生き残りやすいということですね。

 

ということですね。まパワハラについてなんですが、まずですね、パワハラとか含めて人間として合わないっていうのがまず一つ大きいです。で合わないとこっちが思ったりすると大体相手がもう合わないっていうのは感じ取っているので、そういった方は最低限の関わりだけを維持して後はですねどんどん自分に合う人をどんどんの仲間に入れて行くと言うか、そういったと人とのコミュニケーションをとっていて関係を広げていくっていう事の方が重要だと思います。

 

という訳でですね、僕は前職をコロナ不況真っただ中にパワハラ受けて失業しました。

 

ただですね、この時のクソ部長という怒りの導火線は起爆剤にしてもうひと踏ん張りしていきたいと思います!

 

それじゃ、また。