Haulの働かない日常。

無能は人生イージーモードに過ごしたい。

史上最強のHentaiラブコメ。To LOVEる全巻Get。うーん、エクスタシィ。

普段やれ美しい日本だ、日本のトイレは凄いだとかいう自国マンセー宗教には懐疑的な私です。ただ、日本のアニメや漫画文化は個人的にめちゃくちゃ好きです。

 

 

haur.hatenablog.com

 

haur.hatenablog.com

 

 

矢吹先生、クールな前作ブラックキャットから史上最強のHentaiラブコメTo LOVEるを書き始める!!

f:id:ohama01:20201123191000p:plain

 

もはや過去の栄光は姿かたちもない週刊少年ジャンプかつて「友情・努力・勝利」というスローガンがあったのかなかったのかは知りませんが数々の名作が排出され、その中に必ず恋愛枠がありました。

 

いちご100%、初恋限定、最近だとニセコイとかですね。

 

しかし僕は、普段から疑問に思っていました。なぜそんなまわりくどい恋愛ごっこを毎回見せられないといけないのか?

 

当時の健康な男子学生の読者であれば少しでもムホホなシーンが見たいだけなのに、、、普段サッカーを見ない勢が「あんなボールがあっち行ったりこっち行ったりするの見て何が楽しいの?」状態。

 

 

そこに来て、前作はクールなガンマンを主人公に据えたブラックキャットの矢吹先生が究極のブラックホールを生み出すのであった!

 

 

To LOVEるを全巻Get。俺的最高峰の美少女アニメ

f:id:ohama01:20201123193257p:plain

 

圧倒的にかわいい2次元女子の描写。ハイテンポにエロスシーン投入は当時の週刊少年ジャンプですら「打ち切りにならないか?」嬉しさ半分、不安半分であった。(案の定、さらに過激に進化したwターグネスはSQの方に行ってしまったが・・・)

 

矢吹先生が書かれる、キャラクターはキャラの描写、デザイン、全てが最高峰に可愛い。

 

単行本なんてデジタルの時代場所を取るだけで無駄。ミニマリスト的にはまっさきに処分対象なのだが、むしろこのレジェンドは手元に残しておきたいと思ったので今更ながらメルカリで全巻購入してしまった。

 

 

勝手に、表紙が可愛いランキング!ベスト5!

という訳で、その可愛らしいキャラと共に勝手に表紙が可愛いランキングベスト5を作ってみたぞ。

 

5位、ルン+キョウコ。さり気なくブラックキャット時代のキャラを出しているのも、遊び心あって楽しいです。

f:id:ohama01:20201123194716p:plain

 

4位、リトのクラスメート。構図、キャラ、どっちも素晴らしい。

f:id:ohama01:20201123195122p:plain

 

3位、ナナ+モモ。この二人は作中でも特に熱狂的なファンも多いと思われる。

f:id:ohama01:20201123195314p:plain

 

2位、オールスター。これが最終巻ということで気合が入ってますね。

f:id:ohama01:20201123195631p:plain

 

1位、最後はダークネスのキャラが多いですが、ガイドブックの表紙。シンプルな構図ですが一番好きな表紙。

 

f:id:ohama01:20201123195823p:plain

 

 

欲望に忠実に生きよう。

今の時代多分このレベルの描写をジャンプに出しただけで、訳のわからん連中が「性的搾取」だとかのたうち回るかもしれんなぁ。。。僕は普段から世間であふれる「他の誰か」が迷惑しているから、我慢しろという風潮を乱用しすぎる世の中はいかがなものかと疑問に思う。

 

勝手に不幸な奴らが、「俺が不幸で苦しんでるから、お前も苦しめ。」道連れのように叫んでいるのと同じである。

 

この煩悩丸出しの史上最強のHentaiラブコメ

 

To LOVEるを見よ。

 

ぼくはこの欲望に忠実な姿勢こそが、芸術だと確信している。因みにこのTo LOVEるは最近総編集版みたいなので売り出しているので単純に読みたい人はそっちを買ってみるのもありだと思う。

 

 

↓こんな感じのやつ。

f:id:ohama01:20201123201632p:plain

 

 

僕はまだまだ二次元という理想もまた、追い続けるぞ!ジョジョ!!( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧

 

 

ほいじゃ、又。