「Haul」の働かない日常。Ver2.0

サボリーマンの現実逃避行日記。

【放置】投資が回収できないタイプの人間との接し方。

どうもHaulです。今日は朝から戦闘モード。なぜなら、我が分工場に社長が降臨されるからである。

 

周囲では無能と定評がある社長のIT担当として、最近よく面倒事を押し付けられる。というか、IT担当者ができたからこれ幸いにと、例えデスクから逃亡しても社用携帯で呼び出されて対応を押し付けられている。。。

 

今日こそは何事もなく、帰っていただきたい。。。

 

投資が回収できないタイプの接し方。

まあ流石に僕でも社長のタスクを投げ出すことは、身分的に不可能である。周囲は社長を無能だとバカにしている人がほとんどだが、僕は個人的に社長が有能だろうが無能だろうがクソどうでもいい訳で、月末に金を入金してくれていればどれだけ無能だろうが一向に構わない。

 

より問題があるとすれば、周囲で働く仲間のうち投資が回収できそうにない人たちをどう扱うかという事だ。

 

以前はこんな擦れた考えは持っていなかったのだが、サラリーマンを何も考えずにやっていると基本、面倒事というハズレくじしか回ってこないことを理解した。自分が押し付けるのは、清廉潔白な僕には無理なので、せめてハズレくじしか持ってこない地雷を回避することに努めている。

 

 

haur.hatenablog.com

haur.hatenablog.com

 

 

パーソナルスペースに土足で上がり込む人間は基本避けたほうが良い。

でそう考えると、どう考えても投資が回収できそうにない依頼をする人間が2人ほど思い当たるのだが、こいつらに共通している事は、パーソナルスペースにづけづけと土足で上がり込む様な人間であると言うことだ。

 

他人の価値観を尊重せずに、土足でやってくる人間というのは自分は神で、他人の時間や労力などを考える必要もない(もしくはその思考そのものが欠如している)人が多い。

 

わかりやすく言えば、商品はろくに買わないのに注文は多いクレーマーである。

 

角が立たないレベルに適当に接する。

結局、こういうタイプは他人には利益をもたらさない癖に、自分が被害を受けたときにはめちゃくちゃ騒ぎ立ててくる厄介この上ない存在なので関われば関わるだけ損をする。

 

やったことはないが、フリーランスの地雷クライアントとかこういうタイプがうじゃうじゃいるのだろう。

 

つまりこういう場合既に答えは出ていて、関われば関わるだけ損をするので、関わる時間を最小限にするため、適当に接しておくのが一番である。それで、相手が不快感を覚えたりしてくれたら非常にラッキーで、嫌われたほうがむしろ得だというほど、何の役にも立たないタイプである。

 

さて、憂さ晴らしも済んだので出勤しますかね。

 

ほいじゃ、又。