Haulの働かない日常。

無能は人生イージーモードに過ごしたい。

【悲報】YouTuberステハゲ氏がSES勤務中のサボり動画公開。社会不適合者のビッグウェーブ到来か。

どうもHaulです。

 

ユーチューバーという言葉がもう当たり前になった昨今ですが、一部の信者に熱烈な支持を受けていた元、ニコ生主のステハゲ容疑者(25?)が新卒入社の勤務中にサボり動画を公開している。

 

www.youtube.com

 

コア層でない人のために説明を加えると、彼は大東文化大学というFランク大学を3ヶ月で中退後、ジョンモアリバプール大学?という海外大学を数日で中退。

 

最終的に浪人後中央大学というFランク大学を卒業し、一時、ユーチューブ引退、本当に辛かったと漏らし、IT企業に就職することを報告していた。

 

社会不適合者のビッグウェーブ到来。新時代は正社員テロ。

f:id:ohama01:20210129113243j:plain

 

ネット社会全盛と共に、様々なコンテンツが「広告掲載」のための媒体として創出されている訳だが、ネット媒体と社会不適合者のシナジー効果が非常に良いのか、ネット全盛=社会不適合者全盛時代を巻き起こしている。

 

元詐欺師のヒカルや、炎上系シバター、迷惑系ヘズマなど社会のゴミがフラグシップの非常にクリエイティブな業界だw

 

これからの時代は、社会不適合系ユーチューバー(ビジネス)をフラグシップに、それに共感してしまったリスナー系社会不適合者(こっちは本物)が実社会に殴り込みを仕掛けるという「新世界」の幕開けかもしれない。

 

珍獣見本市のYouTube

という訳で、もはや珍獣見本市となっているYouTubeは、最近はあまりにもくだらなすぎて、俺はアニメなどの切り抜きしか見ていない。

 

ん?

 

これもよく考えると著作権ガン無視のアップロード動画である。

 

邪悪になるな!とほざいていたG社だったが最早それは、何かのネタか?と思えるほどで腐りきっているw

 

ひろゆき氏の発言がほぼ確信を突いていた。

www.youtube.com

 

ひろゆき氏が質問に答える動画で、ステハゲについて触れた際

「就職しないほうが良い」

「金払っていく大学すらまともに行けないのに、金もらう社会人は無理」

「嫌なら大学やめれば?」

 

っと痛烈な励ましを掛けていたが、まさにその通りになりそうだ。

 

就職します!→社会人はクソ!→自由に生きていく!というユーチューバーは、俺の中ですでにテンプレート化してきている事は以前に伝えたと思う(^_^;)

 

本質は承認欲求の塊。

この様な彼の奇行や、それを応援するリスナーの本質は承認欲求の塊であると考察している。

 

彼は中央大学をFランクと自称していたが、

 

実際は彼の浪人時代、埋まらない学歴コンプレックスは中央大学に入れた事で、ある程度が発散できたのだろう。

 

自称陰キャや、Fランクといっているのは、自虐して下からマウントを取りたいだけであって、今回も又適当にブラックと言われる業界に入って、SESはクソ!と被害者風マウントを取った動画をアップロードしたいのだろう。

 

社会不適合者でも構わないが仕事をしている人間の迷惑は掛けるな。

最後に自分の意見としては、どんなに社会不適合者だろうが、視聴者という需要の上に成り立つ1つのビジネスとしては全く批判する気はないし、それでお金を稼げるなら良いのではないだろうか。

 

しかし、それは公園で一人全裸でウェ~イとか奇行をしている分であって、

 

わざわざ真面目にやっている人間の場所(会社)に乗り込んでまでやるのは迷惑でしかない。

 

これが実は「許可をとっていました。」とか「ドッキリです。」とか関係なく

純粋にそこで働いている人間にとっては迷惑なのである。

 

俺も普段仕事は手を抜きまくっているが、わざわざ他の社員や会社を見つけて「こんなにコイツは仕事をしていません。」とわざわざ他人の足を引っ張る必要はないと思っている。

 

他人が何をしようが、仕事分担がされている範囲おいては全く何も思わないが、そもそも仕事は楽しい以前に、第一は金を稼ぎに行っているのだ。

 

仮にこの動画がバレて、

 

「なに?君のところそんな暇なの?」「じゃあ契約解除ね。」とかなったら、他の社員が最悪路頭に迷う危険性すらある。

 

今回、

 

動画をアップロードしたことでステハゲ本人にとっては視聴再生回数稼ぎになりインセンティブがあったと思うが、会社やそこで働いている従業員にとっては害はあっても良いことなど1つもないただびクソ野郎である。

 

そういう意味で言うと、キツイ言い方になるが社会不適合者は画面の中から出てくるなと思ってしまう。

 

それでは、又。

 

www.youtube.com