Haulの働かない日常。

無能は人生イージーモードに過ごしたい。

サボリーマンの死刑執行日が来た。。。

どうも。まだ死にたくないHaulです。。😿

 

いよいよプロジェクトにおける、実作業をぶん投げられるフェーズにきてしまった様だ。。。

 

f:id:ohama01:20210330091156p:plain

 

話は遡ること1か月前。。。

 

社長や副社長が同席するプロジェクトの進捗説明会。

 

「次の工程の○○作業についてはHaulに任せたいと思います。」という突如、上司からのキラーパス(裏切り)を受けたのだった。(まあ正直この裏切りには付箋もあった。。。)

 

さらに、遡ること数か月前。明らかに、それシステム担当者が一人でやる作業じゃないよね?っていうのをぶん投げられそうになった時のこと。

 

「それは私一人でやるのは生産性が悪いし、専門的な内容になるので現場の人にお願いした方が混乱がないのでは?」

 

 

と意見したのだが、その時はシステム導入の主導コンサルがこの意見を全面バックアップしてくれたおかげで、仕事を神回避できたのであった。。。

 

そして、つい先日それに

 

業を煮やした上司とプロジェクトリーダーはいよいよ経営者のいる前で、名指しで指名するという暴挙に出た

 

のである。

 

 

f:id:ohama01:20210330092107p:plain

 

 

半分は仕方ないと思いつつも。。。

確かにこのプロジェクトを導入するにあたって、僕のようなポンコ、、、ごほん、僕のような有能なエンジニアを雇ったというのは分かるんだけど、やっぱりやりたくないことはやりたくない。

 

まあ、このシステムのバックボーンを掌握してしまえば俺のここでの立ち位置はより盤石になるという意味では一定の見返りもあるから仕方ないかなと思いつつもである。

 

やっぱり、忙しくなるのは辛い( ;∀;)

 

関係各所から不満も爆発か?

さらに、他のプロジェクト以外にも不満が出てきやがった。。。

 

僕のデスクは何回も言うように事務員さんの脇に設置されており、普段はまったく生気のない挨拶から始まるのである。

 

ただ今朝はランニングの効果もあって多少、話す元気も回復したのでいろいろと聞いてみると、出るわ出るわ。依頼の山である。。。

 

f:id:ohama01:20210330094024p:plain

 

僕は普段、糞つまらない事務所になんて興味はないので秘密基地でネトサしている訳だが、やはりコミュニケーションを1mmも取っていない僕の仕事っぷりには相当怒りが爆発している可能性がある。

 

僕の仕事の一部は、事務員の対応もあるのでここで居場所を失うと俺はすぐさま首になる危険性がある。何としてもここだけは死守しなければならない。

 

コミュ障だろうが、DTだろうが、出陣して時には滅私奉公しなければ再び路頭に迷うだろう\(^o^)/オワタ

 

 

まだ死ぬわけにはいかないのだ。。。!

f:id:ohama01:20210330093055p:plain

 

という訳で、現場からは以上です。僕は独身寮と、まったり薄給ブラックで少なくとも5年で1千万くらいは貯蓄を増やす計画なのである。

 

まだだ、まだ死ぬわけにはいかん。。。

 

ち、、、ちくしょう、、、

 

 

ほいじゃ、又。