Haulの働かない日常。

無能は人生イージーモードに過ごしたい。

社会で生きたければ「不親切」になろう!不親切で当たり前の世の中です。

f:id:ohama01:20210617093553p:plain

 

どうもHaulです。

 

たまに傷害事件や迷惑行為に対して、犯人に勇敢に立ち向かったという人が称賛されていますよね。

 

犯行を止めようと「おい」と肩をつかんだ男性を被告はなぎ払い、別の女性を襲ったが、逃げられた。

 

「倒れている方が殺しやすい」。仰向けに倒れている男性を襲うことにした。 

犠牲者の最後の言葉「待て、話を聴け」 新幹線殺傷公判:朝日新聞デジタル

 

ここまでいかなくても、親切にしましょうという言葉が幅を利かせていて、無視する人は非人間のような扱いで避難する人もいます。

 

親切にする人ほど、割りに合わない経験をする。

ある自衛隊の幹部はこのように言っていたといいます。

 

緊急時には性善説で運用する。つまり善意はコストが掛からずに、リターンが期待できる。

 

ただし、平時は性悪説で対応する。

 

なぜなら、善意を利用した悪意には対抗ができず、秩序が崩壊するからです。

 

 

普段親切に対応する人ほど、平時では利用される可能性が高くこのような経験をしている人が多いのではと思います。

 

 

親切<不親切。社会で生きたければ「不親切」になろう!

そもそも親切な人は少々お人好しです。

 

たまに動物保護してる優しい人を見ていると、虐待などに「なぜ酷いことができるんだ。」「きっと心が荒んでしまった原因がある。」

 

っと加害者の立場になって考えている気がします。

 

 

普通に親切な人ほど、

 

普通に不親切な人の存在を理解できていません。

 

 

無意識、普通の状態でも親切にしてしまう人。それは素晴らしいことですが、むしろ社会で生きるためには率先して不親切になったほうがいい

 

なぜなら親切心は、いわば善意のバーゲンセールであり、多くの場合は自分が疲弊するだけで終わるからです。

 

親切にしても得はないし、不親切にしても損はしない。

 

そもそも親切にしても得はないです。

 

テレビでは〇〇を助けました!とかいって警察が表彰というアホくさいことをやっていますが、当の警察は何をやっているんだ?ということが多々あります(^_^;)

 

また、親切心があだになりありがた迷惑になったり、最悪訴訟沙汰になったりもします。

 

逆に法律的には、他人が溺れていても第三者に救助する義務はありません。

 

知らなかったと素通りしても罪には問われません。

 

 

不親切が得をする世の中です。

緊急事態においても場合によっては親切が損をするのですから、平時の仕事や日常生活においては加速度的に親切な人は損をします。

 

いままでの経験を見ても、

 

・お願いされて手伝う

→今までやってくれたのだから当たり前。断ると、今までやってくれたのに!

と逆ギレ。

 

・電話にしっかり出て対応する

→自分が必要なときにはなりふり構わず電話を掛けてくる。

 こっちが困っているタイミングでは放置。

 

まあ上げればキリがないです。

 

 

なぜこうなるかといえば、人間というのは親切にされると

 

 

俺は偉いんだ。

こいつは俺より下だ。

 

っと頭の悪い思考回路、シナプスが間違った方向に接続されてしまう

人が結構な割合でいるからです。

 

 

このような人に親切にしても、投げたボールは一生帰ってくることもなくまた次への要求へと昇華されるでしょう。

 

 

譲り合いとは、譲るという概念をお互いに共有できた場合のみ有効なのです。

 

 

ハッキリ断って「不親切」になろう!親切にするのは自分だけで充分。

というわけで以上です。

 

私は直近でも、○○というシステムに影響を与えずに作業ができる。というので作業をお願いしたら、ベンダーからやっぱり出来ませんでしたと言われ、

 

大迷惑をこうむりました。

 

そして関係者各位、揃いも揃ってあとは知らん。お前の責任だからよろしく!

と逃走していきましたよ。

 

 

今まで散々調査や報告にと親切に協力し続けた結果がこれかよ。。。

 

 

そして、仕方なく自分の責任で修正したら、

 

どこを修正したのか?

 

 

情報共有が足りていないと言わんばかりにコールラッシュ

(非常時には俺は知らんと匙を投げ、電話すら繋がらなかったのになぁ。。。)

  

 

 

助けてくれないなら、助けなくてもいいじゃん。

 

 

そういう意味で考えると、最初から不親切に行くのが最善手だなと。

 

囚人のジレンマ理論だけどこれが現実!

囚人のジレンマ② - ビジネスのための一般教養

 

自分には関係ないというスタンスをとっておくことこそが重要だなと理解しましたよね。

  

ハッキリと断ることこそが社会で生き延びるために必要なのであり、その意味では不親切こそデファクトスタンダードとして認知されるべきだと思います。

 

 

綺麗事ばかりが映し出されるのは、むしろ感動ポルノなんかと同じです。

 

道徳を教える前に、人間ってこんなにも自分勝手な生き物ですよ。

 

っと最初に教えてから徳を教えるべきでしょうね。

 

 

もっと言えば、人間社会は不親切が標準だよと教えたほうがいいでしょう。 

 

 

それでも信頼に足りると思えば親切に、大切にするべきでしょうね。

 

 

ほいじゃ、又。

 

 

 

note.com

 

 

komachi.yomiuri.co.jp