Haulの働かない日常。

無能は人生イージーモードに過ごしたい。

『督促が届かない』住民税で差し押さえられた男の末路。。。

さくら日記 - 督促状が来たっ

 

どうもHaulです。

 

先日、僕が加入しているじぶんの積立という保険会社から書類が来てたんですよね。

 

ほーん、いつものやつかと開けてみたら「戻り金差し押さえと、契約解除のおしらせ」というものでした。

 

どういうことなのか?

滞納?差し押さえ?そんなヤンキースなこと全然やったことがないのにどうなっているのか?

 

しかも2年以上前の住所の市役所です。でっ、色々調べてみてあまりにも酷すぎる行政の対応が浮かび上がりました。

 

催促状や最終通告も確実に届いている義務はない。

ありえないと話ですが、この差し押さえについて全く見に覚えがありません。なぜなら、請求書も督促状も、最終通告すら見ていないのです。

 

というかこの保険会社からの連絡がなければ最後まで気づかずに、勝手に差し押さえられていたと思います。

 

調べてみるとまあ酷くて、そもそも普通郵便で送っているので住所が間違っていても返ってこなければ届いたと判断していいようです。

 

最終通告すら、本人確認しないってあまりにもおそまつすぎでしょ!

 

そもそも、住民票を毎度しっかり移しているのに、前の市役所は次の引越し先までしか追えないと言われました。。。(どんだけ無能システムなんだよ)

 

ことの発端。

12月に会社をやめて、翌年4月に入社。このときに引越をしたのですが、住民税の法律上1月1日時点での住所に支払い義務が生じます。

 

ここまで当たり前なのですが、僕はしっかりと前年度分の源泉徴収票を提出していたのであとは、転職先の会社が勝手に払ってくれているのだろうと思っていました。

 

今その時の給与明細を持っていないので実際、住民税が引かれていたのか知るすべはありませんが

 

督促して差し押さえまでいっているので、前の市町村に住民税が支払われていないのは確かなようです。

 

住民税で差し押さえられた男の末路。。。

こっちからすると勝手に、差し押さえられて、督促状も通告書も来ていないのでもはや詐欺かというレベルです。差し押さえられた男の末路。。。

 

というわけで、速攻で市役所に電話しました。

 

国家権力がえげつない。

皆さんお気づきですね?このように日本では、法律上めちゃくちゃ勢いで行政や政府機関は国民の財産を差し押さえることが可能なのです。

 

納付書が届いてないだろうがそんなの関係ねぇ!

 

とばかりに、延滞金をつけて裁判所に情報開示させた上で知らない間に差し押さえできます。

 

※しかも差し押さえはどれくらいの金額なのかも、債権者に連絡しないとわかりません。まじで合法ヤクザみたいなレベルです。

 

ただ僕はこの段階で、行政側はほぼ法的な手続きが完了しているんだなと理解しました。

 

「あーだこーだ言ってもしょうがない。」っと思いましたが、一応クレームを言いましたけど。(最終通告なども全く見ていないのに、延滞金しっかりつけて請求はおかしい!っと)

 

負け犬、、、お支払へ、、、

やはり労働者や国民というものは、負け犬!国家の奴隷!ということをつくづく理解しましたよね。

 

住民税13万と、延滞金2万円を支払いました。払うならさっさとしてくれということで、銀行振込にさせてもらいました。(念の為に領収書を発行してもらっています、、、)

 

 

「結論」働いたら負け。

というわけで以上です。大阪から東京に転職する際にシェアハウスを借りていたのですが、この結果を見るとたぶんそこに僕あての督促状が届きまくっていたことになります。。。えぇ。

 

もともと払うものだったとはいえ、延滞金2万円は完全な無駄金だし、1年遅れに来た完全独立型爆撃機「住民税」に涙が止まりません(´;ω;`)

 

ちゃっかり延滞金で年利10−20%くらい取ってるやんけ!

 

そもそもこんな1日でネット決算で終わる内容を、何度も何度も普通郵便で贈り続けるってただのバカ(それか延滞金狙いの詐欺)としか思えないのですが。。。

 

金も土地も日本の所有物と言わんばかりの横暴さ!!

 

税金というものは、庶民最大の敵だということを身にしみて体験しました。

 

 

Ext

ちなみにすでに差し押さえられているので、これは債権者に止めてもらうしかありません。一応入金を確認してもらい、今は止めてもらっていますが間に合わないと強制解約になるみたいです。

 

まあ自分の積立って、返戻率100%なのでそこは最悪問題ないですけども。

 

ほいじゃ、又。