Haulの働かない日常。

無能は人生イージーモードに過ごしたい。

『空気読みすぎ』他人の末路ばかり気になる人。その末路がこれ・・・(そして誰もいなくなった)

f:id:ohama01:20211007132106p:plain

 

どうもHaulです。2021年のノーベル賞受賞者に在米日本人が選ばれたという嬉しいニュースを聞きました。

 

「やっぱり、日本って理系の分野強いよなー。」「だけど、なぜ米国在住?」

 

正直それくらいにしか思っていなかったのですが、そこにはちゃーんと理由があったみたいです。。。

 

www.huffingtonpost.jp

 

ノーベル賞受賞を受け、プリンストン大学で行われた記者会見では、なぜ国籍を変更したのかという質問が上がった。

 

「おもしろい質問ですね」と答えた真鍋さんは、国籍を変更した理由について、「日本の人々は、いつもお互いのことを気にしている。調和を重んじる関係性を築くから」と述べ、以下のように語った。

 

 

日本人って普段は礼儀の正しいだの、協調性が高いだのと言われていますけど、異常に空気を読みすぎるっていうのはありますよね・・・

 

日本人は礼儀正しくルールを守る?

f:id:ohama01:20211007132138p:plain

 

よく日本人は礼儀正しく、ルールに厳しいという話を聞きます。しかし僕はこの考えがどうも理解できないんですよね。

 

日本人は時間を守らない。始業の時間はものすごく厳しいが、定時が過ぎても誰も帰らない。とある外国人看護師がこのように指摘していました。

 

それだけではありません。

 

道交法では、横断歩道に歩行者がいれば一時停止がルールですがこれも驚くほど守らない!

 

 

礼儀の正しい日本人はどこにい行ったの!?(´・ω・`)

 

ルールではなく空気を読むのが日本式。

 

ネットやテレビで言われるルールを守る日本人はどこにいるのか?とよくよく見てみると、ルールを守るのではなく空気を読んでいるだけだった。

 

じゃあ日本人は空気を読むのが好きなのか?

 

というと実はそうじゃない。単純に、村社会や組織で自分が攻撃を受けないように息を潜めている。というほうが正しい気がします。

 

他人への不満は超一流。

 

僕も職場で何度もこういうのに遭遇している。

 

例えば、コロナ禍前ではあったがエンジニアとしてフルリモートの仕事をしていると、現場の人間がまったく動かない。使えないという状況があった。

 

よくよく話を聞くと、こっちは現場でお前がリモートなのはずるい!!ということのようだ。

 

いやいや、あなたは職につく時にそういう雇用契約で入ったんでしょう?

 

僕は、リモートありの契約(前提)で入っているんだから、嫌なら転職すればいいじゃないですか?

 

また、それだけでなく仕事がないのにやたらと残業する人間もいたな。

 

チラッと、〇〇さんいつも頑張ってますねー。と聞いてみると、「家族がいるから稼がないといけないんでしょ・・・」とのこと。

 

僕はさっさと帰っていたら、よっぽどそれが気に食わなかったのか(もしくは残業稼ぎが目立つからなのか)、あいつは全然仕事をしていない!だのと有る事無い事言われたりもしました。

 

高度に空気が読む文化だと、表立って不満を言うと角が立つので誰も言わない。

 

っといった感じで、足の引っ張り合いの感情論や、自浄作用皆無な社会が出来上がっていく。

 

残業しないと生活が出来ない時点で、処遇を改善してもらうか、転職をするのが普通だが、空気を読んで交渉すら出来ない社会では、わざとゆっくりやって残業代で稼ぐなんていう、めちゃくちゃ非効率なことが平然と行われている。

 

他人の末路が気になる、日本人の末路がこれよ・・・

 

結局、空気を読んで何も言わない彼らは不満がないわけではない。それどころか、言わない分だけドス黒いマグマが煮えたぎっていると考えて良い。

 

このような空気を見すぎる社会や組織は自浄作用もないし、感情的な足の引っ張り合いも頻発し、何もせずにじっと大人しく椅子にしがみついている人が一番評価されるなんて馬鹿みたいなことが起きる。

 

 

このように、真面目にやるほどバカを見る社会なので、本当に実力のある一流の人から順によそ(海外)に行くは!となるのは半ば必然なんじゃないかと思います。

 

そして魅力のない村社会は、さらに魅力のない住人で溢れかえる。負のループが完成。他人の目ばかり気にして、他人の末路ばかり気になる、そんな日本人の末路はこれかもしれないですネ・・・

 

 

そいじゃ、又(´・ω・`)