LiFeハッカーs

そっと伝える真実のブログ。

分断を産む政策が、無気力、無関心な社会を産んでいる。

f:id:ohama01:20211111060501p:plain

 

 

無気力、無関心社会。どうもhaulです。

 

残念ながら今回コロナでの給付対象は子供がいる世帯だけみたいですね。底辺労働者は謎の強者に認定されました。

 

調査によると、「「児童のいる世帯」の平均所得金額は約 745 万円(※1)です。

子供二人を育てている世帯の平均年収は? 費用の目安と資金の作り方 | マネープラザONLINE

 

あれ、これ、、、これ弱者なら、僕はもう空気ですかね( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

 

)

 

分断を産む愚策だよ。

 

今回の給付金といい、本当に分断するようなことは良くないと思いますね。

 

まあ、その後困窮する学生、こっちは多分大学生とかだと思いますが、そこにも支給されるのは素直に良かったと思いますけど。

 

子供を産んだといっても、最後は自分達の意思で産んでる訳で、そこだけに給付金を入れるのは、少子化対策としても無意味だし、一時的な公的支援としては全く持って理解不能ですよ。

 

こう言う本質からかけ離れた、大義もない事を、将来の子供の為なんて本気で思ってるなら頭が痛くなるよ。

 

分断が無気力、無関心社会を産んでいるって気づけよ。

 

AとBを助けないといけない。

 

って言った時に、じゃあCは切り捨てるのか?と問われて

 

それは仕方ないよね。

 

と強行するのは分断を産むだけなんだってハッキリと解りました。

 

 

本来のあり方としては、全員助ける前提で、本当に本当に必要な場合だけ、極々少数の例外を作るべきてす。

 

じゃないと、普通に考えて助けられなかったCは、A、Bから切り捨てられたと感じるはずです。

 

 

そうなれば今後Cは、A.Bを積極的に助けたいなんて思わないでしょうよ。

 

好きの反対は嫌いでなく無関心。って言葉もありますけど

 

国の政策からことごとく外れた人間というのは、無気力、無関心になっても仕方がなく、それを容認してきた人たちにも問題があるんじゃないですか?

 

といっても変わらないから、無気力、無関心で自分勝手に生きるよ。

 

毎度のことながら独身、生産性ゼロの社畜はただの納税マシーンというのが国の位置付けなんだと再確認しましたよ。

 

まさに、生かさず殺さずの国民。毎回、1+1は2という簡単な答えを思い出しては絶望するんだよな。

 

次々とハシゴを外される社会だ。

 

非正規や女性を支援します!とか言っている党こそが、今まで非正規雇用規制緩和をガンガンに進め、政治の重鎮は、老人だらけというダブルスタンダードっぷりだしな。

 

 

そこを突っ込まないのも、また片腹痛いんだけど( ^ω^)・・・

 

 

買わない。産まない。払わない。働かない。

 

セミリタイア急げ!

 

 

これが僕ができる、唯一の恩返し😇

 

 

年収100万以下に絞って、住民税非課税世帯になるのが、オラの将来の夢だぁ~😇

 

 

 

そいじゃ、また。